【8】簡易点検のお知らせと点検チェックの方法

法律で定められている、簡易点検をサポートする機能です。

1.機器ごとに簡易点検を行う

次回点検日が近づくと、メールにて簡易点検をお知らせします。
メールが届きましたら、速やかに簡易点検を行ってください。

1.
Dfctにログインをすると、点検時期が近づいていたり、過ぎているものがあればマークを表示します。
点検する機器の「点検」ボタンをタップします。

次回点検日の10日前の機器があれば、週に1度(毎週月曜の早朝)、機器管理者の方と、機器を共有されている方に対して、「点検が近づいています」メールが送信されます。

点検日を過ぎても点検未完了時も、週に1度(毎週月曜の早朝)「点検日を過ぎています」メールが届きます。

※詳細は、「簡易点検おしらせメールについて」をご覧ください

2.
簡易点検ページに移動すると、機器の写真や情報が表示されており、その下にチェック項目があります。
機器に応じた点検チェック項目が表示されるので、タップをして点検を行って下さい。

※1「点検方法」のリンクより、点検時のポイントが確認いただけます。

点検いただき、すべて問題ないようでしたら、「すべて異常なし」で一括でチェックを入れることもできます。

可動停止中等で点検できない項目については「停止中」を選択してください。

3.
点検時に何か異常があったり、気付いたりした内容を写真と文字で残すことができます。
写真を追加したい場合は、「ファイルを選択」から写真を選んでください。
「+写真を追加する」ボタンで、複数の写真ファイルを登録保存することができます。

画像(JPEG、PNG、GIF)を添付すると、簡易点検で「異常あり」となった場合、問題のある箇所が画像で分かる「不具合記録帳票」の作成ができます。

※不具合記録票には添付された最初の2点の画像が貼りつきます。

※アップロード可能なファイルは、JPG、PNG、PDF、Officeファイル(.doc、.docx、.xls、.xlsx、 ppt、.pptx)です。

※画像以外のファイルはパソコンでアップロードしてください。

※添付可能なファイルの上限は10MBです。

不具合記録票についての詳細は、
【15】6.簡易点検不具合記録票(画像あり)
をご確認ください。

添付ファイルが登録されると、物件管理画面で表示する添付数にカウントされます。

※2「異常な症状」に入力があった場合には、点検結果が「異常あり」の扱いとなり、 点検・整備記録簿の記述に「異常あり」と表示されます。

4.
その他何かある場合は「備考」欄に入力をしてください。
5.
簡易点検の点検者が、表示しているログインユーザーと異なる場合、上書き修正を行ってください。
6.
点検日が本日と異なる場合は、日付を修正してください。
7.
次回点検日を指定する場合は日付を入力してください。
※入力がない場合は、90日後が自動で設定されます。

法令で定められている簡易点検の期間について

3ヶ月毎の簡易点検は、前回簡易点検日の翌月1日から起算して3ヶ月以内に実施してください。

8.
完了しましたら「OK」をタップしてください。

位置情報の取得について

簡易点検とは、機器の目視による外観点検を指します。

Dfctでは、誤登録を防ぐため、端末の位置情報と機器登録時の位置情報を比較して 近くでない場合、または端末から位置情報が取得できない場合、 右記メッセージが表示します。

確認頂き、間違えでない場合「OK」を選択頂くと、簡易点検が終了します。

パソコンでDfctをお使いの場合、以下のメッセージが表示されますが、「許可」「一度のみ許可」を選択の上、ご利用ください。

まとめて簡易点検時には、このアラートは表示されません。

簡易点検おしらせメールについて

次回点検日の10日前の機器があれば、
週に1度(毎週月曜の早朝)、機器管理者の方と、機器を共有されている方に対して、「点検が近づいています」メールが送信されます。(機器共有時「点検メール送信しない」選択の場合、共有相手の方へはメール送信しません)

点検日を過ぎても点検未完了時も、週に1度(毎週月曜の早朝)「点検日を過ぎています」メールが届きます。

定期点検お知らせメールが不要な場合は「【15】点検お知らせメールの受け取り設定を変更する」 を参照ください。

製品カテゴリーに「その他ルームエアコン(法令点検対象外)」を指定している場合は、簡易点検の登録はできません。点検お知らせメールも届きません。