【16】機器譲渡、廃棄、削除の際、Dfctで行っていただくこと

2.機器を廃棄・削除する場合

機器を廃棄した場合、Dfctで「廃棄・削除」を設定することで、点検お知らせの案内停止や、機器リストでの表示がされなくなります。「廃棄・削除」後も、過去の点検履歴や法令帳票の取り出しは可能です。詳しくは"3.削除機器を表示する場合を参照下さい、

機器廃棄に伴う証明書や点検整備記録簿の保存について

点検・整備記録簿の保存義務は、機器廃棄に伴うフロン類の引渡しが完了してから3年間です。Dfctはクラウド管理なので、機器廃棄後も、いつでも取り出し可能です。
また、行程管理制度により機器廃棄の際、フロン類の「回収依頼書」と「引取証明書」の3年間保存が義務付けられており、2020年4月の改正に伴い直罰化の対象となります。
Dfctでは機器の廃棄登録の際、 「回収依頼書」「引取証明書」ともにファイル保存登録可能なので、必要なときにいつでも取り出しが可能です。

1.
廃棄したい機器をクリックして選択染ます。
2.
詳細画面の、「機器編集」をクリックします。
3.
機器情報入力画面を下にスクロールをして、「この機器を削除する(削除、更新・廃棄、譲渡)」をクリックします。
4.
削除確認画面が表示されます。削除の理由を選択します。
譲渡 機器を譲渡する場合

※譲渡の場合は予め点検整備記録簿を出力してください。機器の削除後に出力をする場合は、以下 をご覧ください。

廃棄 機器を廃棄する場合
更新のための廃棄 機器を新しく購入し入れ替える場合、新しい機器はDfutの「追加」ボタンで新規登録をお願いします。
削除(その他) 機器の重複登録で登録削除したい場合
5.
機器廃棄の場合、以下証明書の登録をお願いします。
回収依頼書
破壊・再生証明書
引取証明書

機器を削除して、同物件の機器が0件となると、物件情報も非表示になります。
物件名の末尾に(削除済)文字が自動的に付与されますので、後で検索する際は物件管理画面から「件名」に「削除済」と入力して検索をしてください。

削除済の物件の検索については、【16】物件に紐づく機器が0になった場合 を参照ください

6.
削除を完了するには「この機器を削除する」をタップします。

削除を行うと機器リストから表示されなくなります。
削除したデータを再度確認する、完全に削除するには3.削除機器を表示する場合を参照ください。